FDM テクノロジー

  • HOME
  • FDM方式とは

FDM テクノロジー

FDMテクノロジー(Fused Deposition Modeling/熱溶解積層方式)は、1980年代後半にStratasysが特許を取得した造形方式です。このFDM方式の特徴は、ABSやポリカーボネートなどの実製品と同じ工業用樹脂素材を使って造形が行えることです。 これにより、機械的、熱的、化学的に実製品レベルの物性をもった造形パーツを使用した高精度な検証が可能となります。また、造形物をそのまま実際の部品として使用したり、治具や型を直接製造するDDM(Direct Digital Manufacturing)も可能になりました。

img-fdm-system

造形の仕組み

FDMテクノロジーを採用する3Dプリンタは、熱可塑性プラスチック材料を半液状に溶かし、コンピュータが制御する経路に沿って押出成形していくことで一層ごとにパーツを構築します。FDMはプリント時、完成品となるモデリング材料と足場的役割を果たすサポート材料の2つの材料を使用します。マテリアル・フィラメントが3DプリンタのマテリアルベイからX座標とY座標上を移動するプリントヘッドに供給され、材料を付着させて各層を完了してから、ベースがZ軸を下方に移動して次の層が開始されます。

3Dプリンタがモデル形成を完了すると、ユーザーはサポート材料をマニュアルで取りはずすか、または洗剤と水で溶かしとることができます。完成したパーツはそのままお使いいただけます。

リアルな熱可塑性プラスチックで造形する耐久パーツ

FDMは、標準または工業グレードの高性能熱可塑性プラスチックにより、コンセプトモデル、機能プロトタイプ、および最終用途パーツを作成します。これは生産グレードの熱可塑性プラスチックを使用した唯一の専門的な3Dプリンティング技術です。これにより、パーツは機械的、熱的、および化学的な強度の面で比類ない性能を発揮します。

material-abs-plusmaterial-ultem9085

FDM方式のメリット

FDMは、クリーンで使いやすくオフィスに優しい3Dプリントプロセスです。熱可塑性プラスチックパーツは、熱、化学物質、湿気、乾燥した環境への露出や機械的応力に耐えることができます。可溶性サポート材料により、従来の製造方法では困難であった複雑な形状や空洞を作成できます。